着物帯の種類

半幅帯とは?【2分でわかりやすく解説!】

更新日:

 

今回は『半幅帯(はんはばおび)』として、

1、半幅帯とは?

2、特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)

の2つを中心に、”わかりやすく・読みやすく” まとめていきます!

半幅帯とは?

 

半幅帯とは?|特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)

 

さっそく『半幅帯とは?|特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)』の説明スタート!

 

まずは「半幅帯の特徴」を表でまとめておきます。

 

半幅帯まとめ

半幅帯
長さ 幅4寸(約15cm)、長さ8尺5寸(約3.2m) 
メリット

 簡単に結べる!

 価格が安く、普段着用・おしゃれ用の帯としてGOOD!

 そのまま浴衣』用の帯としても使える!

  

デメリット

 フォーマルな場には使えない…

 名古屋帯と違い、どうしても浴衣感がでてしまう…

TPO カジュアル
価格 5千円~
おすすめの人

 手軽にオシャレ着用の着物を着たい人

 着物をとりあえず着てみたい人

※ 着物の長さ(単位)については 『着物の尺・寸・分って?/呉服屋の単位』一覧表 を参照

 

半幅帯ってなんですか?

 

半幅帯とは

帯の幅が、『名古屋帯』や『袋帯』の半分の幅(4寸)の帯のこと

で、

簡単に・すばやく結べる

という特徴があります。

 

スーパーなどで売っている浴衣の帯は『半幅帯』が一般的

なので、

『半幅帯』=『浴衣で使われている帯』

というイメージでOKです。

 

半幅帯は浴衣でしか使えないの?

 

よく

「半幅帯は浴衣用の帯」と勘違いされがち

ですが、

半幅帯は「」や「木綿」といったカジュアルな着物にもよく合う

ので、

普段着用・オシャレ着用としては「使い勝手のいい帯」

と言えるでしょう。

 

 ただし、

どうしても(着物に詳しくない人から見ると)浴衣感がでてしまうことが多い

ので、

きちんと「着物」を着たい人は、同じカジュアル帯である『名古屋帯』

の方がいいかもしれません。

 

「名古屋帯」と「半幅帯」…結局どっちを選べばいい?

 

「名古屋帯」と「半幅帯」の大きな違いとして、以下の4つが挙げられます。

 

「名古屋帯」と「半幅帯」、4つの違い

1、帯の結びやすさ

「半幅帯」の方がコンパクトで、前結びもできるので初心者でも結びやすい!

2、見た目

「名古屋帯」の方がしっかりとした ”着物感” がでる

3、価格

「半幅帯」は5千円~、「名古屋帯」は1万円~購入できる(ただし、きちんとした帯はともに2万円~)

4、TPO

「半幅帯」はカジュアル専門(金糸・銀糸が入っていればギリギリセミフォーマルまで可)、「名古屋帯」はカジュアル ~ セミフォーマルまで汎用的

 

「半幅帯」と「名古屋帯」で迷ったら、

まずは「名古屋帯」から選ぶ

方がおススメです。

 

最初から「半幅帯」の手軽さになれてしまうと、着物の楽しさ・美しさを感じる前に ”自称着物通” になってしまう方がよくいらっしゃいますので。。。

 

「半幅帯」は夏に浴衣用として親しんでいって、着物に慣れてきたら「半幅帯」の結び方をアレンジして個性を出していってはいかがでしょうか?

 

以上、『半幅帯とは?/特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『半幅帯とは?』まとめ

半幅帯とは?/特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)

・ 半幅帯の特徴 ⇒ コンパクトで、初心者でも帯を結びやすい!

・ 長さ ⇒ 幅4寸、長さ8尺5寸

・ メリット ⇒ 前結びができて、結ぶの簡単!

・ デメリット ⇒ 浴衣っぽくなってしまうことが多い…

・ TPO ⇒ カジュアル(ものによってはセミフォーマルまではギリギリOK)

-着物帯の種類
-着物, 種類, , 観光・旅行, カジュアル

Copyright© はじめての着物 , 2020 All Rights Reserved.