着物帯の種類

袋帯とは?【2分でわかりやすく解説!】

更新日:

 

今回は『袋帯(ふくろおび)』として、

1、袋帯とは?

2、特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)

の2つを中心に、”わかりやすく・読みやすく” まとめていきます!

袋帯とは?

 

袋帯とは?|特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)

 

さっそく『袋帯とは?|特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)』の説明スタート!

 

まずは「袋帯の特徴」を表でまとめておきます。

 

袋帯まとめ

袋帯
長さ 幅8寸(約30cm)、長さ1丈1寸(約4.2m)以上
結び方 二重太鼓
メリット

 どんな場面(TPO)でも使える万能帯!

 優美で可憐な柄が多い

デメリット

 一重太鼓に比べると結ぶのが大変… 

 価格がちょっと高め…

TPO フォーマルが基本
価格 2.7万円~
おすすめの人

 立派な結婚式や仕事上で着物を着たい人

 立派でしっかりした着物を着たい人

   

※ 着物の長さ(単位)については 『着物の尺・寸・分って?/呉服屋の単位』一覧表 を参照

 

袋帯ってなんですか?

 

袋帯とは

片面だけに柄を描いて、反対側を無地にすることで軽くした帯のこと

で、

表と裏を別々に織って、両端をぬい合わせた形が一般的

です。

 

『袋帯』は「二重太鼓」

なので、

「一重太鼓」である『名古屋帯

とは違って、

フォーマルな場での着用が可能

です。

 

一重太鼓と二重太鼓の違い

一重太鼓

⇒ 帯の長さを活かして、一枚の布で帯を結ぶ方法(例:名古屋帯)

・ 簡単に結べる一方、フォーマルな場には不向き

二重太鼓

⇒ 帯が長く、布を重ねて結ぶ方法(例:袋帯、丸帯)

・ 慣れるまでは結ぶのがちょっと面倒で、一重太鼓よりも重く感じるが、フォーマルな場でも着用可能

 

結婚式や仕事で着るなど、フォーマルな帯と言ったら『袋帯』

という認識でOKで、実際に袋帯は

礼装用の帯として一番人気が高い帯

です。

 

袋帯が一番フォーマルな帯なの?

 

現代では、

袋帯』が最もフォーマルな帯

といってもさほど問題ありませんが、

袋帯は『丸帯』という両面に柄を織った帯を簡略化したもの

なので、

格式的には『丸帯』の方が上位

といえるでしょう。

 

しかし、

丸帯は非常に高価な上に、重くて動きにくい

という特徴から、

花嫁衣装や舞妓衣装など、特別な場でしか使われていない

ため、実情的には

丸帯と並んで、袋帯が最もフォーマル

といって問題ないかもしれませんね。

 

袋帯の名前の由来は?

 

袋帯の名前の由来は、

帯に縫い目をつけず、袋状に織っていったこと

からきていて、

考案されたのは明治以降

だと言われています。

 

ただし、今では

袋状でない『袋帯』も多く普及している

ので、着物初心者の方は

帯が長くて、片面だけに柄があって、フォーマルなものが『袋帯』

という認識でOKです。

 

以上、『袋帯とは?|特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『袋帯とは?』まとめ

袋帯とは?/特徴まとめ(長さ・TPO・メリット・デメリット)

・ 袋帯の特徴 ⇒ 二重太鼓で結ぶので、フォーマルな場にピッタリ!(金糸・銀糸が入っていなければカジュアル着もOK)

・ 長さ ⇒ 幅8寸、長さ1丈1寸以上

・ メリット ⇒ どんなTPOでも着用可能!

・ デメリット ⇒ 一重太鼓に比べると帯を結ぶのが最初は大変に感じるかも…

・ TPO ⇒ 基本はフォーマル

-着物帯の種類
-着物, 種類, , 結婚式・披露宴, パーティ, 結納, お見合い

Copyright© はじめての着物 , 2020 All Rights Reserved.