着物クリーニング・お手入れ

足袋の洗濯(汚れの落とし方)|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『足袋(たび)のお手入れ』として、

1、洗濯のポイント

2、しつこい汚れの落とし方

の2つを中心に、”わかりやすく・見やすく” まとめていきます。

足袋の洗濯・汚れの落とし方

 

足袋洗濯のポイント/しつこい汚れの落とし方

 

「足袋の洗濯」はどうしたらいいですか?

 

『足袋の洗濯』のポイントは以下の3つ!

足袋、洗濯のポイント

① 汚れが目立たないなら、そのまま洗濯機へGO!

② 汚れがみえるときは、歯ブラシを使った ”簡単手洗い” を!

③ 着物をクリーニングに出すときは、足袋も一緒にキレイにしてもらう!

 

① 汚れが目立たないなら、そのまま洗濯機でOK!

 

まず「足袋の汚れ」が【目に見えないほどわずか】なときは、

ほかの洋服と一緒に、洗濯機で洗ってしまってOK

です。

 

一応、

「高級な足袋」の場合には、ネットで保護して洗濯

することをおススメしますが、実際はそれほど気にする必要はありません

 

また、最近の足袋は

洗濯しやすい生地・色素が使われている

のですが、念のため

 色落ち

には注意しておきましょう。

 

色落ちするかどうかの確認は、

「食器洗い用の洗剤」をタオルに染み込ませる

⇒ 足袋の土踏まずの場所(履くと見えなくなる場所)をタオルでトントンする

⇒ 色がタオルに移るかチェック!

で確かめることができます。

 

足袋を洗った後はどうするの?

 

足袋を洗ったあとは、

【しっかりとシワを伸ばして】から、ほかの洋服と一緒に干す

でOKです。

 

ポイントは

 シワをしっかり伸ばす

ことで、

型崩れの防止に効果的

です。

 

アイロンもかけた方がいい?

 

確かに

アイロンをかけることで、次に履いたときのシワが目立たなくなる

のですが、

足袋のシワはしばらく履いていれば、自然に目立たなくなる

ため、

あえてアイロンがけする必要はない

でしょう。

 

もしアイロンがけをする場合には、

つま先部分を引っ張りながら、くるぶし側からアイロンをかけていく

とキレイに仕上げることができます。

 

② 汚れがみえるときは、歯ブラシを使った ”簡単手洗い” を!

 

「汚れが目立たないとき」は洗濯機へGOでしたが、

汚れが目にみえるときは【手洗い

をしてください。

 

「手洗い」といっても面倒なことはなく、

洗剤(or 石鹸)をつけた「歯ブラシ」で、汚れの部分をこするだけ

でOKです。

 

ほとんどの汚れは「歯ブラシ」で落ちるはずですが、それでも汚れが落ちない時には

洗面器に洗剤を入れて(スプーン1杯分くらい)、一晩足袋を浸ける

ようにしてください。

 

あとは、

シャワーをかけながら、足袋同士をこすり合わせて洗剤を落とす

そのまま洗濯機に放り込む

でOKです。

 

③ 着物をクリーニングに出すときは、足袋も一緒にキレイにしてもらう!

 

最後に、着物をよく着るようになると

週に1回、クリーニングに出す

ことが多くなるともいますが、そのとき

合わせて足袋も一緒にクリーニングに出す

のがおススメです。

 

自宅ではどうしても落としきれない汚れがキレイになるので、次に履いたときの気持ちよさがかなり違うはずです。

 

ただ、

 着物のクリーニングは一般的なお店では対象外

となっているので、ネット宅配の

リネット( https://www.lenet.jp 

など定評のある専門店に依頼するようにしてください。

 

以上、『足袋洗濯のポイント/しつこい汚れの落とし方』についてまとめました。

ご覧いただきありがとうございました<(_ _)>

 

『足袋の洗濯・汚れの落とし方』まとめ

① 汚れ少

⇒ 洗濯機へGO!

② 汚れ大

⇒ 手洗い(洗剤をつけた歯ブラシでこする or 洗剤に一晩浸ける)

③ クリーニング

洗濯のポイント

・ 干すときには、シワをしっかり伸ばすこと!

・ アイロンはわざわざかけなくてもOK!

・ 色落ちチェックは一応やっておくこと!

-着物クリーニング・お手入れ
-着物, クリーニング, お手入れ, 小物

Copyright© はじめての着物 , 2020 All Rights Reserved.