着物クリーニング・お手入れ

【草履・下駄のかかと】すり減ったときの対処法|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『草履・下駄の修理』として、

かかと(台)がすり減ったときの対処法

について、”わかりやすく・丁寧に” 解説します。

草履・下駄のかかと|すり減り対処法

 

草履・下駄のかかと|すり減ったときの対処法

 

草履のかかとがすり減ってきたのですが、どうしたらいいですか?

 

「草履・下駄のすり減り」の対処法は、2つのみです!

 

草履・下駄のすり減り対処法

1、修理に出す

2、買い替える

 

残念ながら、「草履・下駄」は

個人での修理は非常に困難

なので、

「プロに修理してもらう」か「草履自体を買い替える」

しか選択肢がありません。

 

たまに、接着剤で無理に修理しようとする人がいますが、

 素人の修理だと、台(かかと)の高さが不均一になって、足首を傷める原因になる

ため、絶対にやめておきましょう

 

なお、「草履・下駄」の修理は

専門的な道具 & 技術が必要

なので、

駅にあるような個人店には頼まない方が無難

です(すぐにかかとが剥がれてしまったり、台の平衡が取れなくなったりします)。

 

そのため、

身近の呉服屋さん(修理も担っている店舗)に依頼

するか

宅配修理で実績のある職人工房( https://www.shokunin-k.co.jp )などに依頼

するのがおススメです。

 

かかる費用は

 かかとの修理だけ ⇒ 1,300 ~ 1,500円ほど

 裏側の張替え ⇒ 600 ~ 900円ほど

 すべて修理 & クリーニング ⇒ 2,300 ~ 3,000円ほど

が目安なので、それほど高くはならないでしょう。

 

せっかくの機会なので、クリーニングも合わせて全部修理してもらうのがおススメです。

 

思っていた以上にキレイになることが多いので、新品を買ったように心機一転できると思いますよ!

 

以上、『草履・下駄のかかと/すり減ったときの対処法』でした。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

-着物クリーニング・お手入れ
-お手入れ, 草履・下駄

Copyright© はじめての着物 , 2020 All Rights Reserved.