着物クリーニング・お手入れ

着物汚れの落とし方|油性・水溶性・その他に分けて2分で総まとめ!

更新日:

 

今回は『着物汚れの落とし方』として、

1、【油性】汚れ

2、【水溶性】汚れ

3、【その他】の汚れ

の3つにわけて、”分かりやすく・見やすく” まとめていきます。

着物汚れの落とし方|油性・水溶性・その他

 

【油性】着物汚れの落とし方

 

「油性」の着物汚れって何ですか?

 

『油性』の汚れとして代表的なのは、

1、ファンデーション

2、口紅

3、皮脂

の3つです。

 

また、

油分を含んだ食べ物(チョコレートや揚げ物など)

も『油性』汚れとなるので、

食事でついた汚れは、基本的に『油性』汚れの対処

が必要になります。

 

汚れはどうしたらいいの…?

 

『油性』汚れの対処法は以下の2ステップ!

油性汚れのポイント

① 汚れに気づいたら、【ティッシュ】で軽くトントンする(油の広がりを抑える)

② 家に帰ったら、【ベンジン】を使って汚れを落とす

 

『油性』汚れのポイントは、

 できるだけ油の被害を抑える

⇒ あとでゆっくり汚れ落とし!

です。

 

油汚れはなかなか落ちないイメージがありますが、

汚れ落としの鉄板『ベンジン』

があれば、軽度の汚れはかなり落としてくれます

 

ベンジン…?

 

ベンジンというのは

ガソリンの一種

で、

水洗いできない服の汚れ落としには最も効果的

なので、まだ持っていない人は必ず揃えておきましょう

 

価格は

500ml入りで、370~480円ほど

なので、Amazonや楽天でまとめ買いしておくのがおススメです(大洋製薬が人気)。

 Amazonページ ⇒ https://www.amazon.co.jp/keywords=ベンジン

 楽天ページ ⇒ https://search.rakuten.co.jp/search=ベンジン

 

ベンゼンの使い方は、

1、タオル(ガーゼ)に、ベンゼンをたっぷりと染み込ませる

2、何度も軽くたたく

だけでOKです。

 

ただし、

 ベンジンは引火しやすい

ので、必ず

 火元に注意する

 喚起する

ことを忘れないようにしてください。

 

ベンジンで汚れが落ちなかったら?

 

ベンジンを使っても汚れが落ちない場合には、

着物を取り扱っているクリーニング店

にお願いするようにしましょう。

 

ただ、

一般的なクリーニング店(街にあるような)では【着物不可】

なので、ネット宅配できちんと定評のある

リネット( https://www.lenet.jp 

などに依頼するようにしてください。

 

以上、『【油性】着物汚れの落とし方』についてまとめました。

続いては『【水溶性】』です。

 

【水溶性】着物汚れの落とし方

 

「水溶性」の着物汚れって何ですか?

 

『水溶性』の汚れとして代表的なのは、

1、ジュース

2、コーヒー

3、お酒

といった

飲み物全般

です。

 

『油性』汚れの対処法は以下の3ステップ!

水溶性汚れのポイント

① タオルに水を含ませて、汚れたところをやさしく押さえる(汚れを水で薄める;こする・叩くはNG!)

② 汚れがひどいときには、石鹸をつけて、濡れたタオルでやさしくもむ(石鹸がなくなるまで時間をかけて!)

③ パタパタして乾かす(自宅ならドライヤー弱で1メール以上離してゆっくり乾かす)

 

『水溶性』汚れのポイントは、

汚れを水で薄める

ことです。

 

本来、

着物は水洗い不可(化繊や木綿などは例外)

ですが、

やさしく押さえる程度ならOK(生地を傷めにくい)

です。

 

逆に、

【水に濡らしたまま】強く叩いたり、こすったりすると生地を傷める

ので、

やさしく

を徹底してください。

 

『水溶性』汚れの場合には、『油性』と違って

【汚れが目立たなければ】しばらく放置しておいてもOK

ですが、

週末など【時間が空いたとき】には、やはりクリーニング

に出した方がいいでしょう。

 

以上、『【水溶性】着物汚れの落とし方』についてまとめました。

最後は『【その他】』です。

 

【その他】着物汚れの落とし方

 

「その他」の着物汚れ…?

 

『その他』の汚れというのは、

「タンパク質性の汚れ(牛乳・卵など)」といった、頑固な汚れ

のことです。

 

とくに

タンパク質を多く含んだ汚れ

 すぐに着物内部に汚れが浸透して、簡単には落とせない

ので、

 「水洗い可(木綿や化繊など)」なら、すぐに洗濯

 「水洗い不可」の着物なら、すぐにクリーニング

するようにしてください。

 

『油性』や『水溶性』であれば

ちょっと時間をおいても、キレイに汚れが落ちる

場合がほとんどですが、

『タンパク質性』は放っておくと【シミ】になって永遠に残る

ため、本当に注意が必要です。

 

こればっかりは個人では対処ができないので、

タンパクをたくさん含んだ食品を食べるときは【めちゃくちゃ注意する】

始めから水洗いできる着物を着ていく

ようにしましょう。

 

私も3回、訪問着がタンパク質によってやられております…笑

 

以上、『【その他】着物汚れの落とし方』でした。

これにて『着物汚れの落とし方|油性・水溶性・その他』は終了です。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『着物汚れの落とし方』まとめ

『油性』着物汚れの落とし方

・ ティッシュ油をとる ⇒ ベンジンで汚れ落とし

『水溶性』着物汚れの落とし方

・ 汚れを水で薄める ⇒ 汚れがひどいときは石鹸も使う ⇒ 乾かす

『その他』着物汚れの落とし方

・ 水洗い可 ⇒ すぐに洗濯

・ 水洗い不可 ⇒ すぐにクリーニング

有名な着物クリーニング店 ⇒ リネット( https://www.lenet.jp )

-着物クリーニング・お手入れ
-着物, クリーニング, お手入れ

Copyright© はじめての着物 , 2020 All Rights Reserved.