買取業者&選び方

着物買取の選び方|4種の方法&7つのポイント

更新日:

 

今回は『着物買取の選び方』として、読者の方から質問の多かった

1、着物買取にはどんな種類・方法がある?

2、選び方のポイントは?

の2つを中心に、”わかりやすく・丁寧に” まとめていきます。

着物買取の選び方|方法&ポイント

 

着物買取の選び方|4つの種類&方法

 

着物買取にはどんな種類(方法)があるんですか?

 

「着物買取」の方法(種類)は以下の4つです。

着物買取、4つの方法・種類

1、出張買取

2、宅配買取

3、持ち込み買取

4、ネット販売(オークション)

 

1、出張買取

出張買取」は

1、自宅に買取業者を呼ぶ

2、査定

3、現金受取

してもらう方法です。

 

大手に

 バイセル(旧スピード買取.jp: https://speed-kaitori.jp )

 着物買取プレミアム( https://kaitori-premium.jp )

があります。

 

メリット

 電話一本で済み、一番簡単に着物を売れる

 高く買い取ってもらいやすい

 アクセサリーや切手など着物以外も一緒に売れる

が挙げられる一方、デメリットとして

 田舎には出張してくれない(大きな市から車で1~2時間までが目安)

 家に他人を呼ばなくてはいけない

 小さな業者だと買いたたかれる可能性がある

という特徴もあります。

 

こんな方におすすめ!

  • すぐに売りたい人
  • すぐに現金が欲しい人
  • とりあえず査定だけしてもらいたい人
  • 買取価格に満足できなかったら、はっきり断れる人

 

こんな方はダメ!

  • 田舎に住んでいる人
  • 断ることができない人
  • 家に他人を呼ぶのが嫌な人

 

 

2、宅配買取

宅配買取」は

1、自宅に梱包キット(段ボールなど)を送ってもらう

2、自分で業者に郵送

3、査定

4、入金

する方法です。

 

大手に

 ヤマトク( https://kaitori-yamatokukimono.jp )

 ザ・ゴールド( https://the-gold.jp/kimono 

があります。

 

メリット

 家に他人を呼ばなくていい

 どんな着物でも引き取ってくれるので、引越しなどで処分するのに一番便利

 (大手なら)汚れがあっても買い取ってもらいやすい

が挙げられる一方、デメリットとして

 郵送する手間がかかる

 小さい業者だと買いたたかれることがよくある(年1万件以上の実績がある業者を選ぶこと)

 返送料は有料なので、断りにくい

という特徴もあります。

 

こんな方におすすめ!

  • 引越しする人
  • すべての着物を売りたい(処分したい)人
  • 着物を寄付リサイクル)したい人(ヤマトク限定)
  • 汚れ・黄ばみのある着物を売りたい人

 

こんな方はダメ!

  • すぐに現金が欲しい人
  • 簡単に着物を売りたい人
  • 買取価格に満足できなかったらキャンセルしたい人

 

 

3、持ち込み買取

持ち込み買取」は

1、お店に直接着物を持っていく

2、査定

3、現金受取

する方法です。

 

大手に

 ザ・ゴールド( https://the-gold.jp/kimono 

 ブックオフ系列(オフハウス: https://www.hardoff.co.jp

があります。

 

メリット

 ネットや電話の手続きをしなくていい

 気軽に利用できる

 お店が近くにあるなら便利

が挙げられる一方、デメリットとして

 買取価格が安くなりがち

 スタッフによって買取価格が変わる

 専門スタッフがいないとかなり待たされる

という特徴もあります。

 

こんな方におすすめ!

  • ネット予約・電話をしたくない人
  • 近くに店舗がある人
  • 買取価格が低くても気にしない人
  • その日に現金が欲しい人

 

こんな方はダメ!

  • 高く買い取ってもらいたい人
  • 汚れ・黄ばみのある着物を売りたい人
  • 待たされるのが嫌な人

 

 

4、ネット販売(オークション)

ネット販売(オークション)」は

1、オークションサイトに登録

2、各種設定(クレジットカード・口座情報・住所登録など)

3、着物をオークションに出す

4、着物を購入してもらう

5、入金確認

6、発送

する方法です。

 

大手に

 ヤフーオークション( https://auctions.yahoo.co.jp 

 メルカリ( https://www.mercari.com/jp 

があります。

 

メリットは

 タイミングが合えば高く買い取ってもらえる

 オークションを使い慣れている人には便利

が挙げられる一方、デメリットとして

 登録・発送・購入者とのやりとりが面倒

 購入者とのトラブルが多い(入金・発送・商品の状態など)

 クレーム対応する必要がある

 過去にきちんと取引した実績がないと信用してもらえない(詐欺が蔓延しているため)

という特徴もあります。

 

こんな方におすすめ!

  • オークションを使い慣れている人
  • インターネット・法律に詳しい人
  • 時間がかかってでも着物を高く売りたい人

 

こんな方はダメ!

  • オークションに出品したことがない人
  • インターネットにそれほど詳しくない人
  • トラブルの対処になれていない人
  • 簡単にすぐ着物を売りたい人

 

以上、「着物買取の選び方/4つの種類・方法」についてまとめました。

続いて「どうやって選べばいいのか?」に移ります。

 

着物買取の選び方|7つのポイント

 

着物買取を選ぶときのポイントはなんですか?

 

「着物買取の選び方」のポイントは、次の7つ!

着物買取の選び方/7つのポイント

1、高く売りたい】 or 手軽に売りたい

 高く売りたい人 ⇒ 出張買取・宅配買取(・オークション)

 手軽に売りたい人 ⇒ 出張買取・持込買取

※ 買取実績はバイセル(旧スピード買取.jp: https://speed-kaitori.jp )より引用

2、【都会に住んでる】 or 【田舎に住んでる】?

 都会 ⇒ 出張買取・持込買取

 田舎 ⇒ 宅配買取・オークション

3、【ちょっとずつ売る】 or 【全部売りたい】?

 ちょっとずつ売る ⇒ 出張買取・持込買取・オークション

 全部売りたい ⇒ 宅配買取

※ 画像はヤマトク( https://kaitori-yamatokukimono.jp )より引用

4、【汚れがない】 or 【汚れがある】?

 汚れナシ ⇒ 出張買取・持込買取・オークション

 汚れアリ ⇒ 宅配買取

5、【お金目的】 or 【処分目的】?

 お金 ⇒ 出張買取・宅配買取・オークション

 処分 ⇒ 宅配買取・持込買取

6、【すぐに売りたい】 or 【時間がかかってもいい】?

 すぐ売りたい人 ⇒ 出張買取(・持込買取)

 時間がある人 ⇒ 宅配買取・オークション

7、【すぐに現金が欲しい】 or 【待ってもいい】?

 すぐに現金が欲しい人 ⇒ 出張買取・持込買取

 待ってもいい人 ⇒ 宅配買取・オークション

 

 

以上、「着物買取の選び方/7つのポイント」についてまとめました。

 

これにて『着物買取の選び方|4つの方法と7つのポイント』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

記事を気に入っていただけた方は、SNSなどでシェアしていただけると今後のはげみになります!

それでは、また次回ノシ

-買取業者&選び方
-着物, 買取, よくある質問, メリット・デメリット, 処分・リサイクル, 選び方

Copyright© はじめての着物 , 2019 All Rights Reserved.