着物染めの種類

着物染めの種類&価格×9種|世界一わかりやすく解説!

更新日:

 

今回は『着物の染め方』として、

1、9種の染め方と特徴

2、価格の目安(新品・中古・レンタル)

の2つを中心に、”簡単に・わかりやすく” まとめていきます。

着物染めの種類&価格

 

着物染め9種と特徴

 

まずは『着物染め9種と特徴』から。

 

代表的な着物染めは、以下の9つです。

9つの着物染め

1、京友禅(きょうゆうぜん)

2、加賀友禅(かがゆうぜん)

3、辻が花(つじがはな)

4、絞り(しぼり)

5、江戸小紋(えどこもん)

6、紫紺(しこん)

7、墨流し(すみながし)

8、バティック:ろうけつ染め

9、紅型(びんがた)

 

『着物染めの種類』まとめ

『着物染めの種類』一覧

色合い・特徴 おすすめの人
京友禅  花や鶴など華やかな装飾で、非常に豪華で目立つ色彩  ひと際目立つ、派手で高級感のある着物を着たい人
加賀友禅  草木や鳥など自然の風景を取り入れ、空間に溶けこむ色彩  京友禅ほど派手でないが、比較的目立ち高級で優美な着物を着たい人
辻が花  流れるような花を模様とした遠目からでも人目を引く色彩  美しく豪華な着物を着たい人
絞り  立体感のある色彩で、派手なものから落ち着いたものまで千差万別  比較的落ち着いた自分好みの柄を選びたい人
江戸小紋  遠目には無地に見えるが、近づけば細かな模様が浮かび上がる上質な色彩 普段着~訪問着まで使える落ち着いた上品で高級な着物を着たい人
紫紺  天然の植物を染料とした、紫色の落ち着いた色彩  目立たず落ち着いた大人の雰囲気を出したい人
墨流し  墨汁を水面に落とした模様で、地味だが落ち着いた色彩  落ち着いた上品な一点物の着物を着たい人
バティック  蝋を塗って染色したもので、ひび割れ模様が特徴  地味だが個性のある一点物の着物を着たい人
紅型  多くの色が使われており、南国(沖縄)を連想させる色彩  沖縄の歴史的な風景が好きな人

 

『着物染めの特徴』比較

『着物染めの特徴』比較一覧

派手さ 高級感 上品さ
京友禅
加賀友禅
辻が花
絞り
江戸小紋
紫紺
墨流し
バティック
紅型

 

『着物染めの特徴』に関しては、着物の

 生地(素材)

 色柄

 模様

によって大きく異なる場合があるので、

あくまで目安

と考えてください。

 

染めの種類で着物を選ぶことも重要ですが、それ以上に

自分の気に入った着物を選ぶのが一番

でしょう。

 

以上、『着物染め8種と特徴』についてまとめました。

続いて、着物染めごとに「いくらくらいするのか」価格をみていきましょう!

 

着物染めの価格目安|新品・中古・レンタル

 

ここからは『着物染めの価格目安|新品・中古・レンタル』です。

 

『着物染め』価格の比較表

新品価格 中古価格 レンタル価格
京友禅 10 ~ 100万 2万 ~ 2 ~ 45万
加賀友禅 7 ~ 100万 2万 ~ 2 ~ 40万
辻が花 5 ~ 70万 1.5万 ~ 1.5 ~ 30万
絞り 5 ~ 60万 1万 ~ 1.5 ~ 30万
江戸小紋 6 ~ 100万 2万 ~ 2 ~ 45万
紫紺 6 ~ 80万 1.5万 ~ 1.5 ~ 30万
墨流し 4 ~ 50万 1万 ~ 1 ~ 30万
バティック 3 ~ 50万 1万 ~ 1 ~ 30万
紅型 5 ~ 100万 1.5万 ~ 1 ~ 30万

※ 参考・引用もと

 レンタル・価格重視 ⇒ wargo( https://kyotokimono-rental.com 

 レンタル・品質重視 ⇒ 着物レンタル365( https://www.kimono-365.jp )

 購入・価格重視 ⇒ 三松( https://mimatsu.jp/item/search 

 購入・品質重視 ⇒ 七緒( https://nanaoh.jp/items 

 

新品価格」に関しては、

 下限 ⇒ 1年以上継続使用できるレベルの品質

 上限 ⇒ 一般的な呉服店で購入できるレベル

としているため、

実際には「より安い着物」や「より高い着物」

も存在しますが、

より安い着物に関しては、初心者の方は手を出さない方が無難

です。

 

上記の相場よりあまりに安すぎる着物は

 色落ち

 ほつれ

 シミ

などが一部あったり、

クリーニングするたびに着物が劣化していく傾向

にあるため、

新品であっても安すぎには注意が必要

です。

 

また「中古着物」に関しても、

種々の汚れ

に加え、

サイズ(丈とゆき)が自分にあっているか見極めることが難しい

ため、購入する際には要注意です。

※「中古着物の買い方」については、別の記事で詳しく解説することとします

 

最後に「レンタル価格」に関しては

 もともとの着物の価格

 帯などを含めフルセットになっているか

によって価格が大きく変動するため、一般的に

最安値でも2万円は必要

だと考えておけば安心できるでしょう(一部の着物は9,800円からのレンタルも存在します)。

 

以上、『着物染めの価格目安』について簡単にまとめました。

これにて『着物染めの種類・価格を世界一わかりやすく!』は終了です。

ご覧いただきありがとうございました<(_ _)>

 

『着物染めの種類・価格を世界一わかりやすく!』まとめ

 着物染め9種と特徴

1、京友禅(きょうゆうぜん) ⇒ 豪華な装飾で、派手かつ高級感がある着物

2、加賀友禅(かがゆうぜん) ⇒ 自然の風景柄が多く、優美な着物

3、辻が花(つじがはな) ⇒ 花模様で目立つものが多く、華やかな着物

4、絞り(しぼり) ⇒ 色彩に立体感があり、比較的落ち着いた着物

5、江戸小紋(えどこもん) ⇒ 非常に落ち着いた上品な着物

6、紫紺(しこん) ⇒ 天然植物を染料とする、紫ベースの大人な雰囲気を出せる着物

7、墨流し(すみながし) ⇒ 地味だが落ち着いた色彩の着物

8、バティック:ろうけつ染め ⇒ ひび割れ模様が特徴で、一点物の個性的な柄が多い着物

9、紅型(びんがた) ⇒ 多彩な色柄のある南国を連想させる着物

・ 派手さTOP3 ⇒ 京友禅・加賀友禅・辻が花

・ 高級感TOP3 ⇒ 京友禅・加賀友禅・辻が花

・ 上品さTOP3 ⇒ 京友禅・加賀友禅・江戸小紋

・ 落着き感TOP3 ⇒ 江戸小紋・紫紺・墨流し

 着物染めの価格目安/新品・中古・レンタル

新品価格の『着物染め』

・ 京友禅 ⇒ 10 ~ 100万

・ 加賀友禅 ⇒  7 ~ 100万

・ 辻が花 ⇒ 5 ~ 70万

・ 絞り ⇒ 5 ~ 60万

・ 江戸小紋 ⇒ 6 ~ 100万

・ 紫紺 ⇒ 6 ~ 80万

・ 墨流し ⇒ 4 ~ 50万

・ バティック ⇒ 3 ~ 50万

・ 紅型 ⇒ 5 ~ 100万

中古価格の『着物染め』

・ 京友禅 ⇒ 2万 ~

・ 加賀友禅 ⇒ 2万 ~

・ 辻が花 ⇒ 1.5万 ~

・ 絞り ⇒ 1万 ~

・ 江戸小紋 ⇒ 2万 ~

・ 紫紺 ⇒ 1.5万 ~

・ 墨流し ⇒ 1万 ~

・ バティック ⇒ 1万 ~

・ 紅型 ⇒ 1.5万 ~

レンタル価格の『着物染め』

・ 京友禅 ⇒ 2 ~ 45万

・ 加賀友禅 ⇒ 2 ~ 40万

・ 辻が花 ⇒ 1.5 ~ 30万

・ 絞り ⇒ 1.5 ~ 30万

・ 江戸小紋 ⇒ 2 ~ 45万

・ 紫紺 ⇒ 1.5 ~ 30万

・ 墨流し ⇒ 1 ~ 30万

・ バティック ⇒ 1 ~ 30万

・ 紅型 ⇒ 1 ~ 30万

-着物染めの種類
-着物, 染め, 種類

Copyright© はじめての着物 , 2019 All Rights Reserved.