着物Q&A(よくある質問)

着物の格の見分け方/フォーマル?カジュアル?|疑問を2分で!

更新日:

 

このページでは『着物の格』として、

着物の格】を見分ける方法(3つのポイント)

について、”わかりやすく・丁寧に” 回答いたします。

着物の格の見分け方|フォーマル?カジュアル?

 

着物の格の見分け方

 

「着物の格」って見ただけでわかるものですか?

 

着物の格」は

パッと見だけでも十分にわかる

ものがほとんどで、

見るべきポイントは ”3つ” だけ

です。

 

着物の格を見分けるポイント

1、絵柄

2、紋

3、染め or 織り

 

「絵柄」による着物の格

 

まず1つめのポイントは

着物の絵柄

で、

絵柄が途中で「途切れていない」or「途切れている」

で格を見分けることができます。

 

絵柄が

 途切れていない ⇒ 格が高い

 途切れている ⇒ 格が低い

が一般的。

 

格の高い「留袖」や「訪問着」では、

切れ目のない一枚絵(=絵羽模様)

が表現されている一方、カジュアル用の「」や「小紋」では

絵柄が縫い目で途切れていたり、そもそも柄がなかったり

しています。

 

また、

柄の上下があるかどうか

でも格を見分けることができます。

 

セミフォーマルな着物である「付け下げ」のように

模様に上下がある(さかさまにすると変) ⇒ 格が高い

となります。

 

「紋」による着物の格

 

「着物の格を見分けるポイント」の2つ目は

紋がいくつあるか

です。

 

紋の数が多いほど一般的に格は高くなり、格が高い順

五つ紋 > 三つ紋 > 一つ紋 > 紋なし

となります。

 

 

「染め or 織り」による着物の格

 

最後の「着物の格を見分けるポイント」は

「染めの着物」か「織りの着物か」

です。

 

一般に

染めの着物 > 織りの着物

の格順となっています。

 

 染めの着物 ⇒ 糸を布にしてから、染色する = 後染め

 織りの着物 ⇒ 糸を染色したあとに、布にしていく = 先染め

なので、慣れてくればパッと見で区別できるようになります。

 

 ただ、「染めか織りか」は必ずしも着物の格と一致しているわけではないので、基本的には

「絵柄」と「紋」で着物の格を判断

した方が良いでしょう。

 

以上、『着物の格の見分け方/フォーマル?カジュアル?』についてまとめました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました<(_ _)>

-着物Q&A(よくある質問)
-着物, 種類, よくある質問,

Copyright© はじめての着物 , 2020 All Rights Reserved.