着物Q&A(よくある質問)

平服で着物はOK?/結婚式・披露宴・パーティ編|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『平服の着物』として、

1、そもそも平服とは?

2、平服になる着物は?

の2つを中心に、”わかりやすく・丁寧に” まとめていきます。

平服の着物|結婚式・披露宴・パーティ

 

平服とは?|結婚式・披露宴・パーティ

 

そもそも平服ってなんですか?

 

平服でお越しください」とは

セミフォーマルな格好で来てください

という意味です。

 

もともとの「平服」の意味は

カジュアルな略礼装

ですが、招待状には

 日本人特有の ”謙遜” が含まれている

ので、そのままの意味で受け取ってはいけません

 

つまり、

 平服でお越しください

⇒ 格式高い(フォーマルな)服装はやめて欲しいけど、それなりに立派な格好で来てね

という意味になります。

 

よって、

 Tシャツにジーンズなどは絶対NG(着物だと木綿や紬)

で、

 フォーマル用の高級な洋服・着物もNG

となります。

 

日本語の表現はめんどくさいですね…笑

では、具体的に平服には「どういった着物がふさわしい」のでしょうか?

 

平服の着物は?

 

平服の着物として、なにを選べばいいですか?

 

平服の着物」として適切なのは、

セミフォーマルな着物

に該当する

訪問着」か「付け下げ

がベストです。

 

逆に、結婚式の定番である

黒留袖」「色留袖」「振袖」は避ける

ように注意してください。

 

また、

「帯」は金糸・銀糸が入ったものは付けない

ようにし、

「着物」の色柄も控えめなものをチョイス

して、

あくまで【セミフォーマル】を演出

するよう心掛けてください。

 

基本的には、

「平服でお越しください」=「あまり気を使わないでね」

という気遣いの表現なので、

あまりにカジュアルすぎなければOK

です。

 

とくに着物は、

祝辞においては非常に評判がいい

ので、ぜひ結婚式や披露宴、パーティなどに積極的に着用していきましょう!

 

以上、『平服の着物/結婚式・披露宴・パーティ』についてまとめました。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

-着物Q&A(よくある質問)
-着物, 種類, よくある質問, 結婚式・披露宴, パーティ

Copyright© はじめての着物 , 2019 All Rights Reserved.